コラム

この世の全てのマッチングアプリに共通する必勝法を教えます

世の中には数え切れないほどのマッチングアプリが存在し、日々新しいアプリも生まれ続けています。

それらのアプリに共通する必勝法があるって知っていますか?

男性過多のマッチングアプリで少数のモテ男性が女性を独占しているのはこの必勝法があるからです。

正直この話をしてしまうとライバルを増やしてしまうのかもしれませんが、上質な男性が増えることでマッチングアプリにより多くの女性が参加する先を見据えてお教えします。

そのマッチングアプリにどのような女性層がいるのかを知れ

マッチングアプリを使う上で大事なことは、画面の向こうにどのような女性がいるのかを知るということです。

マッチングアプリによって女性の層は特色があります。

例えばティンダーなら「とある理由」により、他のマッチングアプリに比べマッチングアプリ初心者が多いですし、ペアーズなら真剣交際を求める人が多いですし、タップルは若いライトな層が多いです。

真剣恋愛を求めてる女性が多いペアーズでチャラいノリで絡んでも相手にされませんし、タップルで真面目なおじさんキャラでいっても浮いてしまいます。

では、そのアプリにどういった層の女性がいるのかを見抜く方法はアプリの公式サイトを見るのです。

公式サイトを見るとそのアプリの特色が書かれておりどういった女性に支持されているのかがわかります。

例えばこちらはペアーズの公式サイトのトップ画面ですが、「恋活・婚活マッチングアプリナンバーワン」というキャッチコピーで集客していることがわかります。

なのでペアーズは真剣な恋愛を求める女性がメインユーザーなのだと判断できますよね?

最初に女性が目にするところを知れ

ぼくがマッチングアプリで、必ず確認するのは「女性が最初に見る情報は何か?」ということです。

最初に見る情報で最大限に自分をアピールできないと、いくらあなたが素晴らしい人間だとしても興味を持ってもらうことはできません。

例えばティンダー(Tinder)ですと女性が一番最初に見る画面は写真が大きく表示される画面です。

この写真でこの人いいと思わせないとマッチすることができないのです。

さらに細かいことを言いますと、写真の下の方に「名前・年齢・学校名・職業」を入力することができます。

ここも女性が目を引くないようにすることでマッチ率を上げることができるのです。

他のマッチングアプリですと掲示板になりますが、投稿のタイトルがデカデカと出るサイトがあります。

そのタイトルに女性が見てみたいと思う情報を詰め込まないといけないのに「よろしく〜」だけ書いていてもダメなのはわかりますよね?

タイトルにはきちんと自分のプロフィールやアピールポイントを明記しましょう。

写真は名刺のようなもの

なんだかんだ言いましてもマッチングアプリで一番大事な要素は写真です。

写真はとにかく気合い入れてください。

マッチングアプリの写真は3つの要素を押さえるだけでオッケーの記事に書いていますが、ここでも簡単に説明すると笑顔・清潔感・照明を意識してください。

笑顔に関してはぼくが多くの男性をコンサルした結果、エグザイルにいそうなワイルドなイケメンは怖そうという理由で女性からの人気が下がる明確なデータが出ています。

清潔感に関しては服装や髪型に注意して休日のおじさんファッションにならないようにしましょう。

そして、照明ってなんだ?と思うかも知れませんが、日光の下で写真を撮ることで健康感溢れる印象の良い写真を撮影することができます。

加工アプリなんか使うよりはるかに効果があるので騙されたと思って実践してみてください。

間違っても、ヨレヨレのワイシャツで無表情でトイレの鏡で撮影した写真は使ったらダメですよ。

良いプロフは一生の財産

一生の財産と大げさに書きましたがあながち間違っておらずプロフィールはどのマッチングアプリでも共通して使えるものです。

なんども試行錯誤を繰り返すことであなただけの素晴らしいプロフを作っていって欲しいのですが、特に必須の要素がいくつかあるので女性とマッチしまくる魔法のプロフの書き方の記事を参考にしてみてください。

女性目線で考える

最後に教えるアドバイスですがこれが一番重要で、マッチングアプリを利用する多くの男性は自分の欲求を満たすために女性にアプローチしています。

しかしそれでは女性には相手にされません、そうではなく女性の要望を満たす中で女性に気に入られて仲良くなるのです。

そのためにも、女性ならこうして欲しいだろうという男性になりきって他の男と違うということをアピールしましょう。

これを実際にできている男性は本当にごく少数です。

しかしその少数の男性がマッチングアプリの女性を独占しているのです。

まずはモテるところから

pornhuberや同人AVの監督をやる上でまず大事なことは女性にモテるということです。

モテると言っても若い男性じゃなきゃダメとか、ブサイクはダメっていう話ではありません。

女性が不快感を感じない清潔感ある身嗜みをした上で、マッチングアプリなどできちんと立ち回れば女性と出会うことも会ったその日にセックスすることも可能です。

実際、後述するグループではそういったノウハウを教えていて40代のおじさんでもモテる男性はたくさんいます。

ある程度モテるようになればセックスにも慣れるのでそれにより、売れる映像を作るための余裕が生まれるのです。

欲望のままにセックスをしても売れる映像は作れませんし、そんな撮影をしていたら協力してくれている女優さんにも失礼だということを理解した上で同人AVの製作者を目指しましょう。

女優さんの見つけ方

同人AV制作の上で最初の壁が女優さんを見つけて交渉する部分かと思います。

Twitterなどで上手に探せば女優さんを見つけることはできます。

しかし、女優さんの中には当日ドタキャンの常習犯や、全くやる気がなく撮影に非協力的な地雷の女優さんなどもいたりします。

そういった女優さんの見極め方や悪質な冷やかしアカウントなどの情報共有なども行っています。

また、いい女優さんを見つけても交渉がヘタクソだと女優さんは不安になってあなたに依頼したくないと思う可能性もあるのでそういう交渉術もアドバイスしていきます。

撮影と編集のノウハウ

同人AVをやる上で、当然撮影機材が必要になってくるのですがどんな機材が必要かわかりますか?

カメラは何台用意するのか?照明のセッティングはどうするのか?延長コードがないと電源が確保できないことだってあります。

また、撮影できた映像は当然そのまま販売することができません。

複数代のカメラで撮影した映像を使う部分だけまとめて、色の修正やモザイク処理などをしなければなりません。

こういった撮影のセッティングや編集はおそらく多くの人がやったことがないと思いますので、テレビでディレクターもしてたことがあるボクが撮影のセッティングと編集ノウハウを教えます。

マーケティング

いよいよ映像ができても、その映像をどこでどうやって売るのかが重要になります。

ただアップロードするだけでは当然売れません。

警察で許可証の取得、サイトへの販売者登録、女優さんの身分証等の登録、売れるサムネイルや、商品説明文、SNSで宣伝などなどやることはたくさんあります。

おそらく一人で調べながらやると訳が分からなくてパンクすることは間違い無いです。

こういったことも経験者たちがアドバイスしてくれます。

無料グループ参加はこちら

そんな動画販売で稼ぐノウハウを共有するグループに興味がある方はこちらからご参加ください♪

無料でアドバイスしますのでお待ちしています。