ママ活

【ママ活体験談】ティンダー(Tinder)で30代和風美女とホテルディナーデート

ママ活という言葉を聞いたことがある方も多いかとは思いますが、女性にお小遣いもらってデートなんて信じられないなんて思う方も多いかと思います。

しかし、ママ活は都市伝説なんかではありません!

今回は僕がマッチングアプリのティンダー(Tinder)でママ活体験をした時の話を元にママ活のやり方のポイントなどをお話ししていきたいと思います。

ティンダー(Tinder)でママ活のきっかけ

僕はもともとマッチングアプリのティンダー(Tinder)で普通に女の子と出会ってお持ち帰りみたいな感じのことをしていたのですが、その日もいつものようにとある女子とマッチしました。

プロフによるとその女性は34歳で写真は顔はわからないもののこちらの自己紹介に対して「丁寧な自己紹介ありがとうございます」と返信してくれてなんとなく育ちが良さそうな印象でした。

しばらくトークをしているとお持ち帰り確定になりたまたまお互いの予定があったのでマッチした翌日に会うことが決まりました。

待ち合わせ場所に行くと、イメージしてた通りの和風な美人さんでティンダー(Tinder)ではなかなか会えないレベルだったのでかなりテンションが上がったのを覚えています。

軽く挨拶して、とりあえずお食事行きましょうという話になったので女性に希望を聞いてみると、僕が普段行かないようなちょっといいお値段のする中華料理屋さんを提案されました。

普段食事などのデートは全部奢るタイプなので普通のティンダー(Tinder)で出会う女の子だったらそんな高い店絶対行かないんですが、その女性は何としてもものにしたかったので、たまには贅沢もいいかなと思い行くことにしました。

もちろん食べログのドリンク無料券をスクショして。

食事中に他の女性にはないある違和感が

メニューのお値段に圧倒されつつ、オーダーを取ろうとするとその女性がオススメ料理などやたら知っていたので常連なのかと聞いてみると、ここの名物料理が好きでよく食べに来るとのこと。

毎回ティンダー(Tinder)で会う男性をここに連れてきて奢ってもらってるんかな?と思いつつトークをしていると、お仕事はフルート奏者さんと言ったので驚かされました。

よくよく彼女の所作などを見ているととにかく品がいいんですよ。

箸の使い方とか飲み物の飲み方とか。

この時、「この女性がもしかしたら相当なお嬢様なのでは?」と思い始めました。

さらに話を聞いてみると、お父さんは有名貿易商社の役員をされてるそうで関西人なら誰でも知ってる高級住宅街に実家ががあるそうで超がつくお嬢様ということがわかりました。

そんなお嬢様がなんで僕なんかと会ってくれたのかと思い恐る恐る聞いてみると・・・

箱入り娘最後の反抗!ティンダー(Tinder)で男を漁る

その女性の生い立ちですが、お嬢様な上に一人娘だったそうで二十歳を過ぎるまで男性と付き合ったことがないぐらい大切に育てられたそうです。

親にお付き合いする男性を紹介しても値踏みされて、「うちに見合う男性ではない」などと言われことごとく恋を潰されて辛い思いもしてきたそうでした。

結婚適齢期もすぎ、親が用意して縁談で近いうちに結婚することになったそうなのですが、その男性もいい人ではあるけど刺激のない男性で、結婚を前に最後に親に反抗して男性と遊んじゃおうと思い生まれて初めてマッチングアプリを利用してみたとのこと。

なぜ僕を選んでくれたのかという問いに対しては、「最初の自己紹介がすごく丁寧で安心した」「メールの時から僕の話が自分の体験したことのない刺激のある人生でもっと話を聞いてみたくなった」という点が気に入ってくれたそうです。

顔のことは褒めてくれなかったですが、内面の誠実さなどを感じ取ってくれたのだと思います。

ティンダー(Tinder)でまさかのママ活

食事もひと段落してそろそろ行きましょうかとなって、恐怖のお会計だったのですが

「お誘いしたので私に出させてください」

という女性からの救いの言葉が!

そして財布から出てきたのは黒いカード!

多分二人で2万円ぐらいいってたはずですがポーンと出してくれたのでホッとしました。

その後、お持ち帰りしたのですがラブホに初めてきたと言ったのが衝撃的でした。

プレイも終えて、ホテルのお会計の時にホテル代も出そうとしたので「そこは男が出さないと、男がすたります!」と言って半ば強引に僕が支払いをしました。

そしたらなんと、「今日は本当に楽しい時間を過ごせて、また会いたいのでよかったらこれ受け取ってください」と封筒を渡してきたんです。

流石の僕もその中には諭吉さんが入ってることは察しがついたのでそんなのいただかなくても会えますよと言って返そうとしたのですが、受け入れてもらえず結局受け取りました。

あとで中を確認すると3人の諭吉さんが・・・

ご飯奢ってもらって楽しいことしてお小遣いもらうなんてティンダー(Tinder)でこんな漫画みたいなことあるのか?と思い家に帰るまで事故にあうんじゃないかと不安でビクビクしてしまいました。

その後、その女性とは1〜2ヶ月に1度ほどのペースで会うことを1年ほど続けて、向こうが妊娠したのをきっかけにお互い疎遠になりましたが、今思えばこれがママ活なんだなと思いました。

正直ママ活なんて50過ぎのおばちゃんをいやいや相手するもんだと思っていたので今回のマッチングアプリでのママ活体験はすごく貴重な体験だったと思います。

マッチングアプリなどの出会いで何度もデートしてもお持ち帰りできなくて困っていませんか?

私はティンダーをはじめとするマッチングアプリで出会ってその日にお持ち帰りを数百名成功させてきました。

そんなノウハウなどの情報交換をするラインの無料グループがあります。

グループのコンテンツとしてはこのような感じです。

私をはじめ出会えている男性たちのノウハウ公開

日々私やメンバー達のお持ち帰り情報などを共有しておりますので、できるオトコ達の生の技術を学べます。

女性にリピートしてもらうためのセックステクのお勉強

グループでは出会えってお持ち帰りできるのは最低条件で、そこからリピートしてもらえる男性を目指しています。

つまらないセックスをして女性に飽きられないような男になりましょう。

パートナーの貸し出しなどの募集

自分のパートナーと一緒に遊んで欲しいなんていう方もいたりして、非日常なイベントも盛り沢山です。

ネトナンで年収1000万稼ぐノウハウも教えています

私はネトナンを通して年間1000万円以上稼ぐようになりました。

私はネトナンでお金を稼ぐ方法をグループ内で公開しており、皆さんにネトナンしながらお金まで稼げるようになってもらっております。

女の子にモテモテでお金もいっぱい稼げるようになりませんか?

興味がある方はこちらからグループにご参加ください♪